2017年03月29日

『遺体』

PICT0658.JPG

昨日買ったのはこの本

『遺体』石井光太さん著 新潮者

先月、『震災ビジネスの闇』という本を買い
311の地震のあの時、何が起こっていたのか調べてみたくなり
買ってみました

遺体安置所をめぐる極限状態に迫る壮絶なるルポタージュ
映画化もされてたんですね

廃校を安置所にとか、もう間に合わなかったわけです。
悲しい話です。

謹んで震災でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りします

posted by マースケ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

『魯山人の御馳走帖』『震災ビジネスの闇』

PICT0618.JPG

今日はこんな本を買いました

その昔、料理の鉄人で、魯山人の愛弟子ということで出ていた
平野雅章さん著
『魯山人の御馳走帖』廣剤堂文庫

魯山人て美味しんぼみたら、美食すぎて
晩年はタニシを生で食べてて、胃からタニシの寄生虫が見つかったって
言うじゃないですか。

この本見ると、なんか危険な事してる用に思えるもの食べてたようで
スズキ、鯉、鮒、鯛、コチナ、ナマズ、アユ、イワナなど
洗いにして喰ってたみたい

イメージ的に川魚って、生で食べるのちょっと危険のような気もするけど
坂なお寄生虫は大丈夫だったんだろうか?

映画評論家の荻まさひろさんも美食でやはり寄生虫が
原因で亡くなったんですよね、たしか。

美味しいもの追及するのも大変だ。



PICT0619.JPG

もう一つが
『震災ビジネスの闇』
夏原武さん著 宝島社

これは東日本大震災の年の12月に出された本だけど、
あのころ暗躍した裏ビジネスを追った本のようですね

斡旋だ、建築だとうまい事行って入ってきて
実はひどかったって言うような感じかな。
悪いやつはいるもんで、どんなことが起こってたのか
改めて調べてみたいと思います。


posted by マースケ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

『アナログガール』



『アナログガール』緒真坂さん著 桜門書房

今日はこの本を探しに、隣の市のショッピングセンター内にある大きな本屋さんへ探しに行きました
アマゾンとあるけど、本屋さんには置いてないのかな?

気は長い方なので、まずはいつもの新書や文庫本、イラストコーナーを回ったあと
探してみることに。

一応、その書店の書評コーナーなんかもチェックしながら回ってみる

でも、本屋大賞とかで勧める本は俺の好みとちょっとズレてるので、
特に興味が出ない
文学少女らしい女子が2人。
俺の背後で本を探している様子。
なんか萌えますね(笑)

俺は隅から隅までくまなくタイトルと著者のところを眺めたけど、
今日はメガネ持ってなかったので、あまりよく見えずじまい
また今度、気長に探そう

こないだ行った時、ちらっと眺めたけど、平積みされてた新書コーナーで
フォロワーさんでもある中村敦彦さん著の『AVという職業』だけ
だいぶ減っていたので売れている様子
タレント出身のセクシー女優についても書かれてあるので
これも読んでみたい。
posted by マースケ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

積読解消できるのか?

PICT0572.JPG

311の地震で本棚が壊れたっきり
本は積読状態ですが、はたして解消するのだろうか?(笑)
posted by マースケ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

新書と文庫

PICT0570.JPG

新書サイズが好き。ネットの勉強も最初は新書の買ってた。
今は大きいの。誤って同じのを買ってしまうことも(汗)


PICT0571.JPG

バイト仲間にも風俗の仕事をしていたお姉ちゃんが居たので
ルポ・ドキュメント好きな俺はいろいろ読んでいるうちに
風俗のリアルなのも読みたくなって読むようになりました
posted by マースケ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

忙しくてゆっくり本も読んでいられない

PICT0570.JPG

今日は、去年から行くようになったショッピングセンター内の大きな本屋に行ってきました。
周辺では一番大きく、品ぞろえも良いので行くようになりました。
なんといっても行きつけの本屋が去年で閉店しちゃったからね。
それで探したってわけです。

俺の周るコースは決まってしまいました。

まずは入り口の新入荷の新書のコーナー
ここで最新の流行をなんとなく眺めます

次はカー・バイクコーナー。そんでスポーツコーナーをまわって
店内に設置してあるソファーの間を通って美術関連コーナー
ここでしばらくお絵かき関連書を眺めます。

そのあと新書コーナー行って、そのあとPC関連を見て、
ビジネス関連眺めて、雑誌コーナー眺めて帰ります

いまYouTubeも勉強しなくちゃいけないし、
お絵描きもしないといけないし、大忙しです
posted by マースケ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

【2017】あけましておめでとうございます

pict0577.jpg

PICT0571.JPG

あけましておめでとうございます

今年も町内からの初日の出の時間に目が覚めました

今日は買い物行って帰ってきて14時ごろお風呂に入ったら
眠くなってウトウトして、ボヤ〜っとした状態で
お酒飲みながら『僕らのマースケ』を今の今まで描いておりました

今年もよろしくお願いいたします
                  マースケ
posted by マースケ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

『ぼくは農家になった』

PICT0555.JPG


今日買ったのはこの本

『ぼくは農家になった』 今関知良さん著 彩図社

俺自身、農家になりたいとは思わないが、バイトで経験して
農業には興味がありたまに本を買って読みます

この本は会社を辞めて農家になった話ですが、
「よそ者はだめ」とか「へんなしきたり」とか
俺が農業のバイトで肌で感じたワードが出ていて興味魅かれたので
購入したわけです。

農業の闇みたいなものも書いてある本です

頭にバンダナ撒いて「気軽に脱サラして農業でもやるか!」って人には
よく読んで良く考えてもらいたい本ですね。

都会ぶってない俺でも「え!まだそんなことしてるの?」って
ギャップ感じる生活送ってるわけですよ、向こうは。

ダイオキシンがどうのこうのなんて無視で
野焼きなんか平気ですからね。

俺がバイトしたところは、住人に通報され消防車来たって(笑)

今どきの当り前が通じない世界で、サラリーマンだった方が農業なんてできるんですかね?

家庭菜園ぐらいでおさめておけばいいのにって思ったものでした



posted by マースケ at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

『別海から来た女 木嶋佳苗悪魔祓いの百日裁判』 

PICT0550.JPG

いつも、バンダナ撒いて気合い入れてせどりしている兄ちゃん
今日もいたけど、こんな程度が良くて帯もしっかりしている本をせどらないで
ゴミのようなのばかりさがしていったい何を見ているんだろう?

今日買ったのは帯に書いてあった文字で選んだという


『東電OL殺人事件』書いた人の本

『別海から来た女 木嶋佳苗悪魔祓いの百日裁判』 佐野眞一さん著 講談社

この事件、覚えてる人いるかな?
『毒婦』って関連本、俺かったような記憶あるけど積読で読んでないけど
事件の細かい真相知りたかったんですよね。

裁判で出てきた話、はたしてどんなだろう?


posted by マースケ at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

『震災風俗嬢』



ion.jpg




『震災風俗嬢』 小野一光さん著 太田出版

この著者『家族喰い』書いた方のようです。
これもいつか読んでみたかった。

今日、最近行くようになった隣町のイオン内の本屋のノンフィクションコーナーを眺めたら
「震災風俗嬢」という本が置いてあったので、パラパラめくってみました。

震災後1週間でお店再開したお店があったと。

震災で家族を亡くし、どうしようもない気持ちになった男性が人肌恋しくなって来店してると。

すごい、読んでみたい。

あとで買ってみようか。
posted by マースケ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

本の品ぞろえ

ion.jpg

オープンした時に行った以来だから
3年ぶりにイオンモールつくばに行ってきました

県内に同じ系列の「未来屋書店」ってのがそこここにありますが、
近所のとこの品ぞろえが悪く、
「こりゃ離れたとこに行かないとダメかなぁ」
なんて昨日思ってたところ、
ここはちょうど痒いところに手が届く本がそれっていて感心しました。

お店によって品揃えは変わりますからね。

今度からここに行こう。
posted by マースケ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

『YouTube成功の実践法則53』

PICT0549.JPG

動画をYouTubeにあげるようになりましたが、ぜんぶ勘でやっているので
テクニックとか知らない俺です。

そこでちょっとは勉強しようと探したところ、先日この本を見つけました

『Youtube 成功の実践法則53 稼げる「動画作成テクニック」と「実践ノウハウ」』

木村博史さん著 ソーテック社




いま、デジカメしか持ってないので、「ビデオカメラ」がほしいんですよねぇ。

中古のですが、よくブ〇クオフのショーケースを眺めてます。

色々撮影の仕方がうまくなれるといいけど

■マースケちゃんねる

posted by マースケ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

NMB48山本彩さん「読みたいけど読めてない本が増える。」

山本彩 ‏@SayakaNeon

読みたいけど読めてない本が増える。

アルバムもまだまだ
書き終えてないくせに気分転換欲が、、、


sayayometenaihonn.jpg
※コメント・画像はぐぐたす






■こうやって積読が増えていくんだねぇ。一緒です。
posted by マースケ at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

『みんな土方で生きてきました』

PICT0548.JPG

久々の更新になってしまいました

先日買ったのはこの本

『みんな土方で生きてきました』日野勝美さん著 新風舎文庫

バイトやめて求職活動をしているのですが、
以前はそんなときの選択肢に土木作業は入ってませんでした。
しかし数々のバイトを経験し、履いたこともなかった作業ズボンにも慣れ
土木作業経験者とバイトを共にするようになった今、
それも選択肢にいれようか考え中な俺です。

傍から見てると、暑い中真っ黒に日焼けして作業してるのを見かけますが、
休憩もしっかり取ってるのを良く目にしますし、
俺なんか今ではバイトで途中で下位に何回か亡くなった自販機からの飲み物購入、
ネットによると実はけっこう収入もいい、そして、元ヤンかはさておき、若くて美人な奥さんが
居るのを目にしてると、いいかも♪って思っちゃうんですけど、甘いでしょうか?(笑)

まだ、この本を読んではいませんが、ちょっと調べてみたいと思います。



■マースケFacebookページ

posted by マースケ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

HKT48メンバーの本棚

■本棚のコーナーが見事にAKB関連と秋元さん。

外薗葉月 7:37

おはづき♡

今日の福岡の天気は、晴れの予報です!

今日は、昨日よりさらに気温がたかくなるみたい(´O`)

「YES.だれかとめて」

↑まだ5月やで。

今日のはづ座占いの1位は、、(ドラムロール♪♪)

おひつじ座さんです!
おめでとうございます!

ラッキーカラーは、「黄色」

連想するものは、「あつあつっ」

今日は!

「生徒の日」です!!

ということで今日は、、

ちょっと勉強風( ̄+ー ̄)

外薗先生についてきてくだされ。笑

今日は、「〇〇と〇〇の違い」についてですよ(。・ω・。)

まずは!!

「ツナとシーチキンの違い」



「ツナ」→マグロをオイル漬けにした缶詰の総称。

「シーチキン」→はご〇もフーズの商品名。

うむうむ(´-`).。oO(

2個目!

「砂漠と砂丘の違い」



「砂漠」→雨がほとんどふらず、砂や岩石の多い地域

「砂丘」→風などにより、砂があつまり丘状になった地形。


3個目!



「算数と数学の違い」

「算数」→計算力を高めるための、学問。

「数学」→答えに至るプロセスを追求する学問。

みなさんわかりましたか??( ̄∀ ̄)

まだまだいっぱいあるんやけど、3個だけにしとくね(。・ω・。)

今日の写真は、教科書と!!


あ、ちがった。

ここの本棚は全部AKB48さんたち関連の本( ¨̮ )

めっちゃ集めてたんだ(゚O゚)

それでわっ!






福岡での義援金の受付が、設置期間平成28年4月18日(月曜日)から5月17日(火曜日)まででしたが、来月末まで延長になりました。

設置場所は、福岡県庁総合案内(行政棟1階ロビーとなっております。

ご協力のほどよろしくお願い致します。



********************************************

時間がある方や気になった方は、見てください!

みなさん!
ドラフト2期生も含めた、トークがはじまりました!!

見てくれたら嬉しいです(。・ω・。)

TUらしさって、何?トーク
http://sp.hkt48.jp/qdaily_contents_talk#today



「74億分の1の君へ」の握手会&スペシャルレーンの再販が、始まっております!

対象はこちらです(^^)


6月25日(土)関東会場:神奈川県横浜市 パシフィコ横浜

7月30日(土)東海会場:愛知県名古屋市 ポートメッセなごや



hadukiakbkanrenbon.jpg
※コメント・画像はぐぐたす


posted by マースケ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

メインで利用している本屋さんが閉店してた

honya.jpg

今日、いつもの通りに本屋さんに出かけたのですが昨日で閉店してた(^_^;)
メインの本屋さんだったからショック
ここの前で事故に会うほど頻繁に通ってた時期もあったのに。

事故当時は携帯持ってなかったのでお電話お借りしました。


近ごろのショッピングセンター内の綺麗な本屋さんとまた違って

気楽に入れたのにな


またメインの本屋さん考えないというわけで、

セカンドで利用している本屋さんに早速行ってきました・。




ここはポインカードあれば割引とかなんかあるようですが、

持ってなくても1円割引してくれるんです。




ただちょっと気になったことが。




この閉店した本屋さん、文房具を扱うスペースを作ったら

なんか活気がなくなって気がしてたのですが、

セカンドの本屋さん、いつの間にか、文房具コーナーを作ってた。

もしかして本屋さんの流行?

まあ、昔からあったけど、そのためにはもっと専門的な文房具が欲しいところ。

見たところ、ファンシーグッズともいえそうなカワイイ文具ばかり。




気を付けてください。




そして長く運営してくださいと言いたい



posted by マースケ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

AKB48の小嶋陽菜さん、谷崎潤一郎の傑作小説『痴人の愛』の文庫本(宝島社)の表紙を飾ることが明らかに

 kojiharuchijinnnoai.jpg

人気アイドルグループ・が、文豪・谷崎潤一郎の傑作小説『痴人の愛』の文庫本(宝島社)の表紙を飾ることが18日、わかった。また、帯文コメントは芥川賞作家の羽田圭介氏が担当している。

 同作は、生真面目な電気技師の男・譲治が、妖艶な美少女・ナオミと出会い、その美貌に魅せられて破滅していく様を描いた、谷崎潤一郎の私小説にして、“耽美主義”の代表的作品。文庫の刊行にあたり、編集者がポイントに考えたのが、発表当時に「ナオミズム」という言葉を生み出すほど妖艶で魅力にあふれ、日本文学史に残る悪女である「ナオミ」を思わせる表紙モデルの人選。さまざまな候補があがるなか、昨年発売され大ヒットを記録した小嶋の写真集『どうする?』に収録されたコケティッシュなワンカットがイメージと合致し、採用が決まった。

 素肌に白いシャツを羽織り、赤いリップを輝かせカメラを挑発的に見つめるカットは、まさに作品の中のナオミを体現している。小嶋は「『どうする?』の1枚がこのような文豪の作品の表紙を飾れるなんて、思ってもいませんでした」と驚きながらも、「たくさんの方に手にとっていただけたらうれしいです」と、時代を超えた抜てきを喜んだ。

 また、巻末には芥川賞作家の羽田氏が「『痴人の愛』を再読して思うこと」と題した文を寄稿。同書の解説ではなく、あくまで「読んで思ったこと、考えたこと」として主観的な感想を書いており、数年ぶりに読み返して感じた「ここまで描写が執拗かつ繊細な小説だったか」という印象は、帯文コメントとしても使用されている。

 同書はきょう19日より発売。

ソース
http://www.oricon.co.jp/news/2067105/full/?ref_cd=tw_pic


posted by マースケ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

Happy New Year

oyraka-do.JPG

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします
posted by マースケ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

『仁義なき宅配』



『仁義なき宅配』 横田増生さん著

これ、新聞かなにかで広告見て読みたかったんですよね。この人だったのかぁ。

昨日ね、朝のラジオ番組でコメンテーターとして横田さんが出てきたんですけど、
この人がすごい。

前に読んだのはバイトでアマ〇ンに潜入して
そのルポを書いた本。

で、昨日ラジオで聞いたのはク〇ネコに潜入したんですって。
話を聴いて「ほんとそれ」って共感したんです。

というのは、俺も数年前にク〇ネコに年末仕訳のバイトで入ったことがあったんですけど、
昨日の話はまんま同じこと言ってました。
これは働いてみないとわからないことだと思います。

「入ってみるといきなり怒号が聴こえた」とか「仕事(の仕方)を教えない」とか
「冷蔵室で冷凍BOXを運ぶ仕事も、手にプロテクターを着けて運ぶけどこれが危険」とか。

で、その働いた後の話が凄いク〇ネコから「潜入したりしてないでしょうね」的な連絡があったんですって。
横田さんはお茶を濁したらしいけど、こういう潜入取材方式の本って、俺は興味あります。

これ読みたいわって思った本でした。
posted by マースケ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする