2015年03月19日

恋人や結婚相手にするなら読書する人がいいんだって

dokusyo.jpg

2015年3月19日 22時0分
Menjoy!


アレが影響!「女性を満足させる男性」は●●習慣の傾向アリと判明
写真拡大

恋人や結婚相手にするなら、レディファーストでロマンティックな男性がいいなと思っている女性も、少なくないはず。

エスコート上手の優しい男性に愛されるのは、女性としてとても幸せなことですし、そんな恋人を現在募集中の方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

トゥ・ディファクトの調査によると、人の考え方や行動には、あるモノがとても影響を与えるそうなのですが、いったいソレは何だと思いますか?

この記事では、同調査を参考に、男性の恋愛傾向に少なからず影響を与える“ある習慣”について、お伝えしましょう。



■女性を満足させてくれる男性は読書好き!?

20〜30代の月に1冊以上の本を読む男性200人と、月に1冊以下の読書頻度の男性200人にそれぞれ調査を実施しました。

本を読む男性は、読まない男性と比べて、「ロマンチックなほうだ」、「デートの支払いでは、おごるほうだ」、「レディファーストを心がけている」と回答した男性が、多い結果に。

また、「一人の人を長く愛せる」「好きな人とは会って話したい」などの回答率も、本を読む男性のほうが、読まない男性よりも高い傾向がわかり、どうやら、読書好きな男性は、女性から見て、彼氏や結婚相手としての満足させる素質が大きいようなんです。

本好きな男性は、読書を通じて様々な知識を得たり、本のエピソードを参考にしたりして、女性の望む“理想の男性像”を、より理解できている実態があるのかもしれませんね。



■読書好き男子はポジティブな傾向も

また、本を読む男性は、読まない男性よりも、「自分は幸せだと思う」と感じている傾向にあり、人生に対して、よりポジティブな考え方をしていることも、判明したそう。

恋人や夫がネガティブ思考の持ち主では、一緒にいる女性の心まで折れてしまいますから、ポジティブ男性をパートナーに選んだほうが、女性が幸せになれる確率は、高まるといえるでしょう。

ちなみに、どんな本を読んでいる男性が多いかというと、最も読まれているジャンルは、「小説・文学」で、なんと66.5%もの人が好んでいるとの結果が。

2位の「経済・ビジネス」(29.5%)、3位の「趣味」(18.0%)の倍以上の割合で、小説を楽しむ男性が圧倒的な実態が、読み取れますね。



以上、レディファーストを心がけるロマンチスト男性は、読書を好むという、驚きの関係性についてご紹介しましたが、あなたのカレはいかがですか?

読書は、日頃の生活だけでは経験しきれない様々なことを教えてくれるモノですが、多くの本を読む経験が、その人の考えや行動に少なからず影響を与えているといえそうです。

カレの態度がレディファーストからは程遠く……とお悩みの方は、文句や愚痴をいう前に、まずはサッと本を差し出して読ませることで、改善が期待できるかも!?

ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/9909117/
posted by マースケ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

『江戸の卵は1個400円』

PICT0530.JPG




今日はこんな本を見つけました




『江戸の卵は400円 モノの値段で知る江戸の暮らし』
丸田勲さん著 光文社文庫




幕末が好きだけど、新選組から先に進まなくて

次は龍馬さんかな?って思ってたら、会津の方に興味が行ったのも

大河ドラマの影響だとおもいますが、そこから急に興味が

「江戸の食べ物」なんておかしな方に向いてしまってる最近です。




江戸時代って何食べてたんだろうか?なんて考えたら

ワクワクしちゃいましてね。




そこでみつけたこの本は、円に換算するといくらか?が出ている本。

タイトルの卵ですが、吉原などの花街で売られてた「ゆで卵」が20文だったんですって。

円に治すと400円ぐらいなんだそうです。

マグロなんて片身100文、2000円ぐらいですって。やっぱり中々手に入らなかったんですかね。

時代劇に良く出てくる蕎麦は16問(320円)、居酒屋の呑み代35〜70文(700円から1400円なんて

のまで出ています。




この本は食べ物だけではなく、最下級武士の給料とか、歌舞伎の千両役者の給料は1000両なのか?って

話から、遊女の揚げ代まで円に換算してあって、時代劇を見るときの参考になる本です。




積読(積んであるだけで読まない本)が多くて、読むのは先になりますが、

またひとつ面白い本を手に入れました。


posted by マースケ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする